いつまでもお酒を楽しむために…肝臓に良い食べ物徹底ガイド

HOME » 肝臓の健康を保つために知っておきたいこと » 薬も過ぎれば…

薬も過ぎれば…

薬が肝臓に与える影響について解説しています。

薬が肝臓に与える影響とは?

体調を崩した時に服用する頭痛薬や胃腸薬など、一般的な薬局で販売されている薬。これらは元々、体にとって有害なもの。それを肝臓がしっかりと解毒することで日々の健康が保たれています。

つまり、薬を飲むと肝臓に負担がかかっているのです。飲んだ薬が分解されるまで時間がかかるために、薬の効果が出るともいえます。

薬と肝臓病の関係

肝機能が低下していたり病気になっていると、分解スピードが落ちてしまうため、薬の効果が長く強く働く場合があります。肝臓が弱っている人が睡眠薬を飲むと、長く眠り続けるのはそのためです。

中には薬が原因で肝臓が悪くなっている場合もあり、薬の服用を止めただけで肝機能が改善する方もいるほど。アレルギーを持っている方もある特定の薬によって肝機能が低下することもあるので、注意が必要です。

薬物起因性肝障害

さまざまな薬が流通している現在、私たちは体にちょっとした不調があると、つい薬に頼ってしまいがちです。しかし、体を健康にするはずの薬によって肝臓が侵されることもあります。

薬物起因性肝障害と呼ばれ、肝臓病患者の1~2割にあたると言われています。

本来、薬は体にとって異物なのです。そのため、飲んだ薬は肝臓で解毒されますが、その過程で肝臓に障害が起こることがあります。

薬による肝臓障害は大きく2つに分けられます。薬が直接障害を起こす「中毒性肝障害」と、薬に対するアレルギーによって起こる「薬物アレルギー性肝障害」です。

アレルギー性肝障害が、薬に起因する肝臓障害のほとんどを占めています。免疫反応が過敏であったり、発疹や喘息など、薬によるアレルギー症状が出たことがある人は要注意です。

アレルギーの要因となるのは抗生物質や中枢神経作用薬をはじめとして、どんな薬にも可能性があります。

そのためちょっとした不調の時は薬ではなく、サプリメントでの栄養補給がおすすめです。

栄養補給におすすめのサプリメント一覧はこちら

 
本当に良いのはどれ?肝臓に良い食べ物まとめ