いつまでもお酒を楽しむために…肝臓に良い食べ物徹底ガイド

HOME » 肝臓の健康を保つために知っておきたいこと » 飲み過ぎ厳禁

飲み過ぎ厳禁

アルコールが肝臓に与える影響について解説しています。

肝臓とアルコールの関係

現代は、日本の歴史上最もアルコールが飲まれている時代。国税庁の資料によると、2001年のアルコール消費量は1971年の2倍にまで増えています。

経済的に豊かになっただけでなく、ストレス社会のなかで気分転換などを理由に、日常的にアルコールを飲む人が増えたためと考えられます。

一方、日本人はアルコールに弱い体質の人が多いこともわかってきています。それだけ肝臓にダメージを受けやすく、アルコール性の肝機能障害を起こす人も少なくありません。

アルコールが引き起こす肝障害

アルコールが起因となる肝機能障害の中で、最も多いのが脂肪肝です。通常でも肝臓細胞の10%ほどは中性脂肪が貯蔵されていますが、その量が30%以上になった状態を言います。

大量のアルコールを摂ると、中性脂肪が大量に合成されて肝臓に蓄積されるので、脂肪肝になります。余分な中性脂肪は血中にも流れ込み、高脂血症や動脈硬化の原因にもなります。

アルコールの分解時には毒性物質のアセトアルデヒドや活性酸素が発生します。脂肪肝を放置していると、これらの物質によって肝臓の細胞が次第に壊され、肝硬変や肝不全、肝がんへと進行していきます。

健康的な飲み方

アルコールによる肝機能障害を予防するために、健康的な飲み方を知っておきましょう。

飲みすぎない悪酔い・二日酔いにならない量、自分の適量を知ることが大切です。アルコールに弱いという自覚がある人は、早めにソフトドリンクに切り替えるようにしましょう。
 
ゆっくり飲む飲むペースが速いと、肝臓への負担が大きくなります。アルコールの分解速度は日本酒なら1合、ビールは大瓶1本、ワインならグラス2杯に3~4時間かかるからです。この量を30分以上かけて、ゆっくり飲むようにしましょう。
 
おつまみを上手にとる空腹の状態でアルコールを飲むと、吸収が速まってしまい肝臓に大きな負担がかかります。また、アルコールを分解するときに、たんぱく質やビタミン類、亜鉛などのミネラル類が消費されます。
そのため、おつまみで大豆製品や野菜、ナッツなどを食べて、上手に栄養を補給するといいでしょう。
 
脂っこいおつまみを避ける飲んでいるとつい脂っこいものを食べたくなりますが、脂肪の多い食品も肝臓に負担をかけるので、控えめにしましょう。
 
休肝日を設ける肝臓は臓器の中ではタフであり、大きな障害が無ければ、2日間くらい休ませると機能が回復するといわれています。アルコールをよく飲む人でも、週に2日は休肝日を設けて意識的に節酒して肝臓を休ませましょう。

アルコールと上手に付き合うことで肝臓を健康に保てれば、お酒の席が長く楽しくなりますね。

 
本当に良いのはどれ?肝臓に良い食べ物まとめ