いつまでもお酒を楽しむために…肝臓に良い食べ物徹底ガイド

HOME » ぜひ摂りたい!肝臓に良い食べ物6選 » 牡蠣(タウリン)

牡蠣(タウリン)

牡蠣が肝臓に良い食べ物と呼ばれる理由とタウリンの働きを紹介しています。

肝臓に良い食べ物その1:牡蠣(タウリン)の肝臓への効果とは?

牡蠣は古くから食用に用いられており、漢方にも使われているなど、その効果や効能は広く知られています。そんな牡蠣の成分の中で、肝臓に良い効果をもたらすのがタウリンです。

タウリンが肝臓に与える作用としては次のようなものが期待できます。

肝臓から分泌される胆汁酸を増加させる胆汁酸にはコレステロールを排泄させる働きがあり、血中コレステロールを下げる効果が期待できます。
 
肝臓に溜まった中性脂肪の排出肝臓内に中性脂肪が溜まってしまったいわゆる脂肪肝の状態を改善してくれる働きがあります。
 
肝機能の向上アルコールの分解など、肝臓が担っている役割を効率化することで、肝臓の機能を向上し、ひいては肝臓にかかる負担も軽減してくれます。

肝臓に様々なメリットをもたらしてくれるタウリンは牡蠣以外にもタコやイカ、アサリやハマグリなどにも含まれています。

しかし、含有量No.1はなんといっても牡蠣。100g中に1,130mgも含まれているのです。このことからも、タウリンの摂取には牡蠣が最適と言えるでしょう。

なお、牡蠣にはタウリンの他にも、様々な有効成分が含まれています。

牡蠣は貝類としては珍しく炭水化物が多い特徴がありますが、その大部分はエネルギーに変わりやすいグリコーゲンで、疲労回復に効果があり、肝臓の働きもサポートする作用もあります。

もうひとつの大きな特徴は亜鉛。男性の精力減退に大きな効果があり、また妊娠時の胎児の成長に重要な栄養素としても知られます。

毎日の食事で牡蠣を常時食べるのはなかなか困難。決してお安い食材ではない上に、春過ぎから秋にかけては旬を過ぎ、店頭で入手しづらくなってしまいます。

そこでおすすめしたいのが、タウリンを配合しているサプリメントです。手軽に摂取することができ、調理の必要もなく、入手の手間もぐっと低くなります。

肝臓に良いタウリンが日常的にとれる人気サプリをチェック≫≫

 
本当に良いのはどれ?肝臓に良い食べ物まとめ