いつまでもお酒を楽しむために…肝臓に良い食べ物徹底ガイド

HOME » ぜひ摂りたい!肝臓に良い食べ物6選 » ブロッコリースプラウト(スルフォラファン)

ブロッコリースプラウト(スルフォラファン)

肝臓に良い食べ物・ブロッコリースプラウトに含まれるスルフォラファンが肝臓に効く理由を紹介しています。

肝臓に良い食べ物その5:ブロッコリースプラウトと肝臓の関係

1997年、アメリカの大学でブロッコリーに関する大きな発見がありました。健康成分のスルフォラファンが含まれていることが判明したのです。

さらに、研究を重ねたところ、新芽の部分であるブロッコリースプラウトには、成長したブロッコリーの20~50倍ものスルフォラファンが含有されていることも判明しました。

スルフォラファンが肝臓にもたらす大きな作用としては、肝臓の持つ解毒作用を強化するという特色が挙げられます。

元来、肝臓には体内に入ってしまった毒素や有害物質などを解毒する働きがあります。しかし、オーバーワークで疲弊してしまうと当然ながらその働きが滞ってしまい、毒素が体外に排出されなくなってしまいます。

スルフォラファンを摂取すると、肝臓の中の毒素を解剖する酵素の働きが活性化活されて、肝臓の解毒作用が高まります

そのため、AST(GOT)やALT(GPT)といった肝臓の異常を示す数値を、低減させる効果も期待できます。加えて、スルフォラファンが肝臓の解毒作用を高めることに関連し、発がん性物質を無毒化する効果も認められたことから、がん予防でも注目を集めています

そのほかに、抗酸化作用の向上や新陳代謝を活性化させる働きなどもあります。

スルフォラファンは、ブロッコリー以外にもキャベツやだいこん、わさびなどのアブラナ科の野菜に含まれています。しかし、それらの含有量はブロッコリーには及ばず、また、ブロッコリースプラウト(新芽)には成熟したブロッコリーの20倍以上のスルフォラファンが含有されています。

なお、ブロッコリースプラウトには他にも健康に良い成分が含まれており、免疫機能を高める働きのあるカロテンも成熟したブロッコリーの3.5倍。さらにはビタミンC,E,B群、カルシウムや鉄分、カリウムなども豊富とされています。

摂取目安はブロッコリースプラウトならば、1週間に120g、成熟ブロッコリーだと1週間に1kg以上となっています。普段の食事で必要量を摂取することは不可能ではありませんが、忙しい人にとっては難しいのも事実。

そこでおすすめなのがスルフォラファンを配合しているサプリです。手軽に必要な量を摂れるので、ぜひ試してみてはいかがですか。

効率よく肝臓に良い成分を取り入れるなら!おすめサプリ5選≫≫

 
本当に良いのはどれ?肝臓に良い食べ物まとめ